2013年6月アーカイブ

今月ももう終わろうとしています...。

やばい...。

何が?

まあそれは自分の中に留めておこう。

 

何やら、サッカーはコンフェデレーションズカップでもあまり良くない初戦でしたし、日本のプロ野球は、TOPの人間が隠し事をしていたのに、何も不祥事じゃない?みたいな、開き直りの発言がありました。

困ったもんです。

柔道も、相撲も...日本人はどうなってしまったのか?

若返りが必要なのではないでしょうか?

まあそれだけでは行けないのでしょうが...。

 

今年も後半戦にもう突入だし、気合いを一度入れ直して、後半はノンストップで行かないといけないですね。

さて、ご飯をしっかり食べて、薬剤業務に向かおうと思います!

皆さんも元気を出して行きましょう!

薬剤師の働き方には、色々な働き方が存在し、正社員という働き方以外にも、働く形は様々あります。 薬剤師として働くには、その形として、正社員をはじめ、パート、アルバイト、契約社員、派遣社員等が感がられます。最近ちょっとゲームプログラマーへという職について考えていて薬剤師と比較してみます。

この場合、正社員は、賞与、退職金があって、定年を迎えるまで、安定が望めるイメージが強いですが、他の雇用形態は、どのようになるのか? 例えば、パート、アルバイトの場合、この形で働く場合は、やはり女性薬剤師が、半数以上と言われ、非常に女性の薬剤師が多いと言われ、昨今は、結婚や出産を機に、パート、アルバイトとして働く薬剤師さんも増加傾向にあります。

このパート、アルバイトにおける、薬剤師の給与は、どうなるのか?といえば、パートもしくは、アルバイトとは、雇用をするほうとしても都合がよく、時給も一般の薬剤師より高め傾向にあると言われています。 時給相場は、およそ2000円~3000円前後となり、一般職と比較してもやはり高めです。

しかし、パートや、アルバイトは、なぜこんなにも時給が良くなるのか?といえば、薬局自体、薬剤師が存在しなければ、薬の販売を行えないわけですから、時 給を高くしても雇う事となりますが、実際は、正社員薬剤師が2人、3人といることにより、やはりそれでは、お店側の負担も大きくなってしまうので、ドラッ グストア等では、24時間営業している店も多く、薬剤師を配置しているお店等では、時間単位で雇用でき得る、パート薬剤師や、アルバイト薬剤師を雇う方が ありがたい存在とも言えるのです。 だからこそ、時給を高め傾向にして、雇うケースも多いのです。

また、派遣社員は、派遣会社と雇用契約を結んで、派遣先で働く雇用形態ですから、勤務時間等による、勤務形態、もしくは業務、指示等は、派遣先の企業によるものの、給与、における待遇面は派遣会社との間で決めていく事となります。 派遣会社と雇用を結び働くという形は、福利厚生の面で安定してくるため、その点ではアルバイトと比較した場合も、派遣社員として働くことのメリットといえます。

しかし、派遣社員で働く事には、正社員とは異なり、賞与、もしくは有給などはない場合が多いですから、派遣会社によっては、独自に賞与、有給を完備している派遣会社も存在します。 ただし、この派遣会社における薬剤師業務を行う場あ、契約は3ヵ月、半年、1年と働く上での期間が短く設定される事となりますから、安定志向の薬剤師さんには向かず、尚かtその不安定さは、派遣社員のデメリット部分とも言えます。

こうやって考えるとゲームプログラマーの仕事は結構ハードかとおもいます。薬剤師はなんだかんだ身分も保証されているし職も多いように思います。ゲームプログラマーの転職の現実ってこんな感じなんですかね。まあ転職サイトはあるので恵まれてはいるのでしょうが働き方を比較したときに絶対に薬剤師よりも大変ですよね。

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク